新中学1年生 2名 新中学2年生 満席 新中学3年生 満席 募集中!

トップページ

ノムラ塾の理念

【成績を上げる】

ノムラ塾の特徴

「勉強量への厳しさ」

確認テスト次第で毎日補習

 ノムラ塾は、「やるべきことを徹底的にやりきる」という点で厳しく対応します。ノムラ塾の1週間の授業時間は、学校と比べると圧倒的に少ないです。そのため、自分のできなかった単元をそのままにして先に進んでしまうと、後で復習するのがかなり難しくなってしまいます。その為、その日に学んだことを次の授業の確認テストで、’理解し覚えているか’を確かめるために行います。毎回の授業日に行う確認テストで90点以下だった場合、その日の補習時間を利用し、できるようになるまで一緒に取り組みます。成績を上げるために必要な補習に妥協は一切致しません。授業中に分からなければすぐに声掛けし、まだまだ理解が足りない場合補習対応致します。もし授業に1分1秒でも遅れてしまった場合も補習対応致します。なぜここまで徹底的に補習をするのかというと、授業で習った段階では、ほとんどの生徒は問題を解くことができます。しかし、定期テストや模擬試験になると大きな差がついてしまう。理由は単純で、習った後の反復学習が圧倒的に足りないからです。自分自身の力で問題を解けるまで「徹底的にやりきります」。

50時間を超えるテスト対策

 定期テストの約2週間前から通常授業の代わりに、3年生だけでなく1年生と2年生も毎日塾に来てテスト勉強を行います。テスト期間中は、日曜日も教室を開放し、最低でも50時間を超える勉強時間を確保します。学校のワークを終わらせ、しっかりと暗記をし、対策プリントや今までの授業でやった確認テストの復習をし、それらを何度も、完璧にできるようになるまで繰り返します。これだけ多くのことをやり遂げるには、かなりの勉強時間が必要で50時間でも足りないかもしれません。入塾したばかりの生徒にとっては、集中力や忍耐力が足りず苦痛に感じるでしょう。もちろん結果を出すことは簡単なことではありません。また、私だけでなく生徒にもただひたすらに机に向かって努力をしてもらいます。成績を上げるのに魔法などありません。勉強が楽しくなくても、嫌いでも、つらくても、疲れていても、まず初めに圧倒的な勉強量による努力が必要なんです。しかし、この頑張りが受験勉強する上での必要な集中力や忍耐力を鍛えることは間違いありません。次の定期テストで良い成績を出すため、さらにはその先の受験において最高の結果を出すために「徹底的にやりきります」

受験生は毎日通塾

 中学3年生は、塾が空いている日は「必ず」通塾しなければならない時間割を組んでいます。私は以前勤めていた学習塾では「授業がない日でも自習に来いよ!」と言っても「部活引退後から勉強頑張ります」「夏休みから勉強頑張ります」「2学期から自習室にきます」・・・。そうして結局、入試の1か月前になってあわてて自習室にやってくる。本当に一部の頑張っている生徒を除けば、このような状況でした。ノムラ塾の受験生は、1学期は最低3時間、2学期は最低5時間勉強してもらいます。自主的に勉強をするようになるまでは、強制するしかないと考えています。自主的に勉強できる生徒は、学年Topの成績を取れる生徒くらいです。家で勉強はしなくても、ノムラ塾という勉強することでしか時間がつぶせない環境があれば、勉強をせざるえないためどんな生徒でも勉強に取り組みます。最初は、強制的に勉強をさせられていると生徒は感じます。しかし、それがいずれ習慣となり自然と塾に来て勉強するようになります。良い勉強習慣を身に付けることが、成績を上げるための第一歩と言っても過言ではありません。志望校に合格するために身に付けた忍耐力、集中力、そして何よりも一生懸命に努力できる力、これらが生徒たちの明るい未来を創っていく助けになると信じています。

塾長挨拶

生徒の成績が一番上がる塾!

 学習塾を開業するにあたり、私が思う学習塾の存在理由は、「勉強が楽しくなる」「無理なく通える」「自ずと家で勉強するようになる」などというものではありません。ただ一つ「生徒の成績が上がる」ということのみです。これが達成できなければノムラ塾が存在している意味はありません。私は「ノムラ塾に通う生徒の成績を上げるのか、それとも成績が上がらずに生徒が退塾していき閉業するのか」という、覚悟を持って指導にあたります。生徒が「第一志望合格」という目標を掲げると同様に、私も「生徒の成績が一番上がる塾」という目標を掲げ、それぞれの目標を達成するために生徒と共に歩んでいきます。

勉強することは楽しいのか?

 本音を言うと、勉強なんてほとんどの生徒にとってつまらないものだと思います。面倒だし、疲れるし、眠くもなるし・・・。しかし、その「つまらない」勉強の中にも、「たのしさ」を見つけることができると思います。それは、「成績が上がったとき」ではないでしょうか?どんな生徒でも、テストの点数が返されたとき他の友達と比べたり、前回の結果や平均点と比較をしたり。私は小学校2年生から高校を卒業するまで野球をしていました。好きな練習もあれば、やりたくもない辛くて、苦しい練習もありました。しかし、試合に出場して結果を残し仲間と喜び合う瞬間に「たのしさ」や「うれしさ」が爆発しました。勉強も似ていると思います。毎日の学校の授業や学習塾に通って勉強することは決して「たのしい」ことではないかもしれません。しかし、自分で目標を立て、その目標の達成に向けて一生懸命に取り組んだ結果「良い成績」が出た時の喜びは間違いありません。勉強は「たのしく」はないけれどもそれに伴う結果に対しては、「うれしさ」や「達成感」などスポーツと同じような経験ができると思います。勉強が楽しく感じられたり、好きになったりすることがあるのなら、それは結果が出せたとき。結果が出るからこそ「やってよかった。」そう思えるのです。

勉強に集中できる環境を!

 生徒の勉強量を支えるために必ず必要なのが「学習環境」です。ノムラ塾は、個別ブース、生徒用パソコン、自動販売機などの今どきの学習塾の設備は一切ございません。ただあるのは机と椅子のみです。帰る時間になるまで、ひたすらに机に向かって勉強するしかありません。私は常に一緒の教室、あるいは隣の教室にいるため、常に生徒の様子を気にしています。勉強に集中するために必要なのが「メリハリ」です。休み時間にはみんなとおしゃべりするなど楽しんでリラックスしてほしいです。一方で、時間になったらすぐに勉強に切り替え集中できる環境を整えていきます。勉強に対する取り組みが良くない時はすぐに注意します。さらに、何度言っても改善できない場合、他の生徒の勉強の妨げになるため、退塾をしていただく場合もあります。私は、生徒全員が勉強にのみ集中できる環境を整えるために厳しく対応します。
 家で勉強をすることは、どんなに意思の強い生徒でも難しいです。家には携帯電話にパソコン、テレビ、タブレット端末、音楽機器や暖かいベッドなど、勉強の妨げになる誘惑がたくさんあります。保護者様からお子様に「勉強をしなさい」と声をかけ、いざ勉強を始めても、30分もしたらSNSで友達と連絡を取っていたり、勉強もせずに部屋で夜遅くまでタブレットをいじっていたり。そのようなことはありませんでしょうか?お子様に勉強をしてもらうには、「勉強に集中できる環境」を整えることが1番大切です。

最後に

 偉そうで厳しいことも申しましたが、垂水市で小さな教室から始めます。至らぬ点があるかとは存じますが、先ほど申しました通り、ノムラ塾は生徒の成績を上げるために、できる限り快適な勉強環境を整えてお待ちしております。ご不明な点などございましたら、気軽にお問合せ頂ければと思います。ありがとうございました。

塾長紹介

-自己紹介-
・はじめまして、ノムラ塾塾長です。「シンプルで分かりやすく」を胸に、生徒の成績を上げることに集中します。
・個人的にインターネット上に自分の名前や写真を公表することにかなりの抵抗感を持っており、控えさせていただくことをご了承ください。
・自分のことについては、生徒や保護者様との交流を通じて「どんな人物か?」を知っていただければ幸いです。

-主な経歴-
・埼玉県出身
・埼玉県立春日部高等学校
・立命館アジア太平洋大学
・韓国国民大学校 留学
・地方金融機関
・不動産業開業
・学習塾講師
・ノムラ塾開業
-主な資格-
・宅地建物取引士
・Toeic905点 ・その他多数

PAGE TOP